取得する資格の種類

資格は分類して国家資格・公的資格・民間資格の分けることが出来、それぞれの特徴があります。一般的に国家資格や公的資格のほうが評価されることが多いようですが、PC関連技術のような短期間に発展してきた分野では民間で実施しているものも高い評価につながるものがあります。

国家資格
法律に基づき国が試験などを実施し、個人のレベルが一定以上に達しているということを国が認定する資格の事。行政の権限に基づき一定の行為を許可される。社会的に高い評価を得られるのが国家資格です。その分難易度は高く、ハイレベルな要求をされる試験が多いです。一度取得すると一生使えるというものがほとんどなので他の資格より競争率や価値が高くなるのも当たり前かもしれません。ですが一度取得すると年齢による失効というのがありませんので、年齢による能力の衰えや最新の技術知識が乏しくなる可能性があるため最近では定期的な更新の必要性がささやかれています。

公的資格
国家資格と民間資格の中間に位置しており、主に省庁の認定基準で民間団体や公益法人が試験を実施して資格を付与している。資格試験は法律に基づいたものでは無いので特別な権限が与えられる訳ではなく、ほとんどが受験者の実力をクラス分けするような検定のような性質のもの。民間資格に比べて社会的信用度・認知度が高く、国家資格に準ずるものという評価をされることが多い資格です。

民間資格
民間の団体や企業団体が独自の審査基準を設けて任意に付与している資格。法的規制がないので語学系やIT系の能力の認知に影響のあるものから、社会的な評価が全く無いようなものまで様々。せっかく資格取得しても何の役にも立たないものがありますので、民間資格は取得しようと思う資格の実用性の確認が必要になります。

このページの先頭へ

取得する資格の種類